秋葉原近くの駐車場

2
NTTル・パルク 神田多町第1

NTTル・パルク 神田多町第1

最大料金

ヘルプページ

なし

利用料金

8:00〜22:00 400円/20分

22:00〜8:00 100円/60分

利用可能な車種

軽自動車/普通車/SUV・ワンボックス

NBパーキング神田多町    

NBパーキング神田多町    

最大料金

ヘルプページ

なし

利用料金

7:00〜23:00 400円/12分

23:00〜7:00 100円/60分

利用可能な車種

軽自動車/普通車/SUV・ワンボックス

秋葉原の特徴とお役立ち情報

秋葉原の特徴

秋葉原は、東京都千代田区と台東区にかかる場所にある街です。主として東京都千代田区にある秋葉原駅周辺を指す地域であり、「アキバ」の略称で呼ばれることもあります。秋葉原は、電気街として発展してきた歴史があり、現在も電化製品の小売店や家電量販店が集まる街として知られています。また、アニメやマンガ、コスプレなど、アニメコンテンツ関連の専門店などが集結しており、「オタクの聖地」として国内からはもちろん、海外からも多くのアニメファンが訪れています。秋葉原の中心部である秋葉原駅には、JR山手線、京浜東北線、総武線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスが乗り入れており、都内の乗降客数ランキングでは10位とされています(2022年時点)。そのため、数多くの人が電車で秋葉原に訪れる一方、国内外から多くの人が観光やビジネスのために車で秋葉原を訪れています。
秋葉原には、秋葉原駅周辺を中心に数多くの駐車場があります。多くの人が訪れるショッピング施設や観光スポットのある秋葉原周辺の駐車場は、休日・平日問わず混み合っていることが多くあります。また、日曜日には中央大通りが歩行者天国になるので、注意が必要です。
秋葉原周辺には、商業施設にある収容台数の多い大規模駐車場から、収容台数が10台以下のコインパーキングまで様々な駐車場がありますが、特に休日や長期休暇期間、イベントがある時などはどの駐車場も満車ということもあります。

秋葉原でショッピングする

秋葉原は、電子機器類や家電やオーディオ製品、パソコン関連グッズなど、あらゆるジャンルの電化製品の専門店や、日本でも最大規模の大型家電量販店などが集まっています。また、秋葉原は、アニメやゲームの関連グッズ専門店が集結している街でもあります。

・ヨドバシAkiba

「ヨドバシAkiba」は、秋葉原駅から直結している商業施設で、家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」をメイン店舗とするほか、様々なジャンルの店舗が集まっています。
地上9階・地下6階の建物のうち、1階から6階は「大手家電量販店であるヨドバシカメラマルチメディアAkiba」となっており、パソコンや周辺機器、携帯電話、カメラ類、テレビやオーディオ、生活家電やキッチン家電など、圧倒的な品揃えを誇っています。

・ビックカメラ AKIBA
秋葉原駅から徒歩2分ほどの場所には、「ビックカメラ AKIBA」があります。
「専門店の集合体」をコンセプトにしたビックカメラ AKIBAでは、1階から7階までのフロアにパソコンや周辺機器、家電などのほか、玩具やゲームが集結しています。

・オノデン本館
秋葉原駅から徒歩2分ほどの場所にある「オノデン本館」は、創業80年を超える老舗の家電量販店です。「親切な電器店」をモットーとするオノデンは、他の家電量販店のように多店舗展開をしていないのが特徴です。長年地域に根差した営業を続けており、秋葉原の電気街を象徴する店舗となっています。

・アニメイト秋葉原
秋葉原駅から徒歩4分ほどの場所には、「アニメイト秋葉原」があります。
アニメ・コミック・ゲーム関連グッズの販売チェーン店であるアニメイトには、海外からも多くのアニメファンが訪れます。
秋葉原店は2022年にリニューアルされ、1号館と2号館に分かれています。店内には人気アニメ作品のキャラクターグッズのほか、コミック・ノベルス・雑誌・写真集・画集などが集結しており、いつも多くのアニメファンで賑わっています。1号館の7階にはイベントスペースもあり、トークショーやサイン会などのイベントも行われています。

ショッピングを楽しんでいると、ついつい時間が経つのを忘れてしまうことはよくあります。そのため、車で秋葉原に買い物に行く際は、ゆっくりとショッピングを楽しむためにも、最大料金が安い駐車場を利用するのがおすすめです。また、商業施設にある駐車場に駐車する場合は、買い物で駐車料金の割引サービスが受けられるかどうかという点も確認しておきましょう。

秋葉原で遊ぶ・観光スポットを訪れる

電気街や家電量販店が集まり、アニメやサブカルチャーの聖地として知られる秋葉原ですが、歴史的なスポットでは観光を楽しむこともできます。

・神田明神(神田神社)
神田明神(神田神社)は、秋葉原駅から徒歩7分ほどの場所にある神社です。
天平2年(730)に創建され、「江戸の総鎮守」と称えられてきた神田明神は、大己貴命(大黒様)、少彦名命(えびす様)、平将門命(たいらのまさかどのみこと)の3柱を御祭神としています。縁結びや家内安全、商売繁盛や開運招福、除災厄除など様々なご利益があるとされており、秋葉原周辺のパワースポットとしても人気を集めています。

また、神田明神は、日本三大祭りのひとつである「神田祭」が行われる神社としても知られています。神田祭は、隔年で5月の中旬に行われるお祭りで、神田・日本橋・丸の内など約30kmもの距離を神輿や平安時代の衣装を着た人々が大行列を作って練り歩く「神幸祭」や、踊屋台や曳き物、仮装行列が行われる「附け祭」が見どころです。神田祭が開催される時期は例年30万人を超える人出があり、秋葉原周辺は大変な賑わいを見せます。

・柳森神社
秋葉原駅から徒歩5分ほどの場所には、「柳森神社」があります。
柳森神社は、室町時代に太田道灌が江戸城の鬼門除けとして京都の伏見稲荷大社を勧請し、創建されたという由来のある神社です。
境内には摂社・末社が数多くあるのが特徴です。その中のひとつである福寿神祠は、通称「おたぬきさま」と呼ばれており、ユーモラスな出で立ちの狸が参拝客を出迎えてくれます。また、境内には、13個もの力石(江戸時代から明治時代にかけて鍛錬や娯楽、占いなどを目的として用いられた石)が集まる力石群が現存しており、千代田区指定有形民俗文化財に指定されています。

・AKB48劇場
AKB48劇場は、秋葉原駅から徒歩5分ほどの場所にある劇場です。
「会いに行けるアイドル」をコンセプトに活動を開始したアイドルグループ「AKB48」の活動拠点であり、収容人数250名の劇場ではAKB48の公演が行われています。グループの公演やライブなどのイベント時には多くのファンで賑わっています。

秋葉原周辺の観光スポットの中には、駐車場が併設されていない場所もあります。また、普段は駐車場を使える場所でも、イベントなどの際には駐車場が利用不可となる観光スポットもあります。秋葉原の観光スポットへ遊びにいくときは、目的地の近くにコインパーキングなどの駐車場があるかどうかも確認してから行くようにするのがおすすめです。
また、秋葉原の観光スポットは、特に休日や長期休暇の時期などは混み合っていることが多く、予定よりも駐車時間がオーバーしてしまう可能性もあります。駐車時間を気にせずに観光を楽しむためにも、最大料金が安い駐車場があるかどうかもあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

秋葉原でグルメを楽しむ

サブカルチャーの聖地である秋葉原はメイドカフェ発祥の地でもあり、数多くのメイドカフェ・メイド喫茶が集まっています。その一方、秋葉原はカレーやラーメンの激戦区としても知られており、多くのカレーファン、ラーメンファンが足繁く通う名店も集結しています。

秋葉原の人気メイドカフェ

・CURE MAID CAFÉ(キュアメイドカフェ)
秋葉原駅から徒歩3分ほどの場所にある「キュアメイドカフェ」は、創業2001年の日本初のメイドカフェです。
落ち着いた雰囲気の店内では、クラシカルなメイド服に身を包んだ店員が給仕をしてくれます。ここでは一般的なメイドカフェから連想されるようなパフォーマンスなどはなく、一般的かつ丁寧な接客をしてもらえるので、メイドカフェ初心者の人にもおすすめです。スコーンや紅茶、料理なども本格的なうえ、様々なアニメとコラボすることもあるため、人気アニメとのコラボ期間中には多くのファンで賑わっています。

・@ほぉ~むカフェ秋葉原本店
秋葉原駅から徒歩4分ほどの場所には、「@ほぉ~むカフェ秋葉原本店」があります。
数多くのメイドカフェが集まる秋葉原の中でも、@ほぉ~むカフェ秋葉原本店は在籍しているメイドスタッフの数も多く、広々とした店内は可愛らしい内装となっています。そのため、女性客や子供連れでも入りやすい雰囲気になっており、海外からの観光客も数多く訪れています。オムライスやケーキ、カフェラテなどにメイドスタッフが絵を描いてくれたり、一緒に記念撮影をしたりといったパフォーマンスもあり、秋葉原ならではのメイドカフェ文化を楽しむことができます。

秋葉原の人気カレー店

・Spice Curry カリカリ
秋葉原駅から徒歩7分ほどの場所にある「Spice Curry カリカリ」は、秋葉原でトップレベルの人気を誇るカレー店です。一番の人気メニューはスリランカ風カレーとビーフカレーの両方を一度に味わうことのできる「ツインカレー」で、深みとコクのある欧風カレーとスパイスの効いたサラッとしたカレーの味わいの違いを楽しむことができます。

・スープカレー カムイ
秋葉原駅から徒歩5分ほどの場所には、「スープカレー カムイ」があります。
メディアでも絶賛される人気のスープカレー専門店であるスープカレー カムイでは、南インドカレーをベースにした濃厚なスープカレーを味わうことができます。一番の人気メニュー「チキン野菜カレー」は、ごろごろとした大きなチキンと丸ごと一本のにんじん、ピーマン、なす、イタリアントマト、ブロッコリーなどの野菜がたっぷりと入っています。トマトの酸味がカレーのスパイシーさをやわらげてくれるので、辛い方が好きという人は辛さをアップして注文するのもおすすめです。

・エチオピア カリー キッチン アトレ秋葉原1店
秋葉原駅から直結している駅ビル「アトレ秋葉原」の1階には、「エチオピア カリー キッチン アトレ秋葉原1店」があります。
「エチオピア カリー キッチン アトレ秋葉原1店」は、神田神保町にあるインド風カリー専門店「エチオピア」の分店です。エチオピア本店は大量の野菜とスパイスを煮込んだインド風カリー専門店ですが、エチオピア カリー キッチン アトレ秋葉原1店では、本店同様のメニューにくわえ、サイドディッシュやドリンクメニューなども充実しています。また、朝8時から営業しているため、モーニングメニューもあり、「朝カレー」を食べることもできます。

秋葉原の人気ラーメン店

・饗 くろ喜(もてなし くろき)
秋葉原駅から徒歩7分ほどの場所には、「饗 くろ喜(もてなし くろき)」があります。
饗 くろ喜は、「上質・本物」をコンセプトに掲げたラーメン店で、生産者が真心こめて育てた食材を大切にしたラーメンを提供してくれるお店です。特製塩そばをはじめとしたメニューは、国産小麦のみを使用した麵をはじめ、厳選した素材のみで作られており、スープも化学調味料は一切使っていないというこだわりがあります。定番メニューのほかにも四季折々の食材を使用した限定ラーメンを提供しており、季節ごとに新しいメニューを楽しむことができます。

・麺処 ほん田 秋葉原本店
「麺処 ほん田 秋葉原本店」は、2020年に東十条から移転してきた人気ラーメン店です。秋葉原駅中央改札口を出てすぐのガード下にある麺処 ほん田 秋葉原本店は、鶏や豚、煮干しが効いたダシに貝の旨味が加わった醤油スープが自慢の「醤油ラーメン」が看板メニューです。北海道のはるゆたかをメインに、3種類の国産小麦粉をブレンドした自家製麺や、鶏と豚3種のチャーシューなど、すべての食材にこだわりがあるラーメンは、常に行列ができるほどの人気ぶりです。

・中華そば専門 田中そば店 秋葉原店
秋葉原駅から徒歩10分ほどの場所には、「中華そば専門 田中そば店 秋葉原店」があります。「気軽に食べる田舎のラーメン」がコンセプトとなっており、「中華そば」や「山形辛味噌らーめん」が看板メニューとなっています。豚骨を濁らせないように炊いたスープは塩だれで味を整えており、豚の旨味がたっぷりと溶け出していながらもスッキリとした味わいです。

秋葉原周辺の飲食店は、駐車場が併設されていない場所も多いので、車で訪れる際は注意が必要です。目的のお店の近隣にコインパーキングがあるかどうか事前にチェックしておくようにしましょう。また、飲食店を利用した際に近隣駐車場の割引サービスを受けられるかどうかも確認しておくのがおすすめです。
さらに、秋葉原駅周辺の駐車場やコインパーキングは、昼間と夜間、平日と休日とでは駐車料金が変わってくる場合もあります。最大料金や割引サービスと合わせて、訪れる時間帯の駐車料金もチェックしておくと良いでしょう。