新橋の通勤・ビジネスの方向け駐車場

平日の通勤・ビジネス in 新橋の特徴とお役立ち情報

ビジネスパーソンが行き交う街・新橋

新橋は、東京都港区にあるビジネス街で「サラリーマンが多いオフィス街」「ビジネスで訪れる街」という印象が強いですが、実際新橋周辺には数多くのオフィスビルや貸事務所などが集まっています。新橋は昔からビジネス街として発展してきた歴史があるため、特に新橋駅西側エリアは中小規模のオフィスビルや貸事務所が集結しています

近年では新橋駅東側に広がる汐留エリアの開発が進んでおり、日本テレビや電通、富士通などをはじめとした大企業の本社や、多くの企業が入居している超高層オフィスビルなどが建ち並んでいます。そのため、新橋周辺で働く人やビジネスのために新橋周辺を訪れる人は年々増加しています。

ビジネス街としての知名度が高い新橋ですが、丸の内や銀座、汐留といった華やかなエリアに接しているため、ショッピングや観光の拠点としても利便性が高い場所でもあります。また、新橋駅は、JR各線、東京メトロ、ゆりかもめなど多くの路線が乗り入れており、お台場や様々な方面へのアクセスが良いため、平日は周辺で働くサラリーマンや商用などで訪れる人、休日はお台場・汐留でのイベント・観光やショッピングのために訪れる人が多くなっています。

このようなエリアの特性から、新橋周辺の駐車場は、平日はもちろんのこと、休日でも混み合っています。
新橋周辺には、商業施設にある比較的収容台数の多い駐車場から収容台数が10台以下の小さなコインパーキングまで、様々な駐車場がありますが、平日は駐車場も満車ということも多々あります。
また、新橋周辺は都心という場所柄、1時間あたりの短時間料金が高額になる傾向にあります。そのため、通勤やビジネスのために新橋周辺で駐車場を利用する場合は、最大料金があらかじめ設定されているところや、最大料金が安い駐車場をチェックしておくのが良いでしょう。

新橋駅西側のビジネス環境

新橋駅西側のエリアは、オフィスビルが立ち並ぶビジネス街となっており、平日は多くのビジネスマンが行き交っています。新橋駅東側の汐留エリアのような超高層ビルなどはありませんが、地方企業の霞ヶ関官庁対応の東京オフィスや中規模のオフィスビルが集結しており、勤務している会社員向けの飲食店やカフェなども多いエリアです。

また、新橋駅から西へ10分ほど歩いた場所には、オフィスビル、ホテル、住宅、商業施設、会議施設、公園などが一体となった複合施設「虎ノ門ヒルズ」があります。虎ノ門ヒルズには、東京の新しいランドマークでもある「虎ノ門ヒルズ 森タワー」のほか、地上36階建ての超高層複合タワー「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」が立ち並び、国内外多くの企業が入居しています。

・虎ノ門ヒルズ 森タワー
地上52階建て、高さ247mの超高層複合タワーで、6階から35階の30フロアがオフィスフロアとなっています。虎ノ門ヒルズ 森タワーには、国内の大手広告代理店などが入居しているほか、海外の企業も数多く入居しています。そのため、平日はテナント企業の会社員や、入居している企業を訪れるビジネスマンで賑わっています。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
地上36階建ての超高層複合タワーで、5階から36階がオフィスフロアとなっています。また、4階にはインキュベーションセンター「ARCH」が開設されています。このARCHは、大企業の事業改革や新規事業創出をミッションとする組織に特化して構想されたインキュベーションセンターです。大企業ならではの可能性と課題にフォーカスし、事業創出をサポートする拠点となっています。

このように、新橋駅西側には、多くのオフィスビルやオフィスタワー、企業などが集まっており、平日は朝早くから夜遅くまで営業訪問やミーティングでの短時間駐車場を利用する方が多い傾向にあります。

日常の通勤や工事作業等の長時間利用のニーズも多く、余裕を持って行動するためにも、目的地周辺の駐車場の場所や最大料金などを事前にチェックしておくようにしましょう。さらに、商談や打合せなど、遅刻できない場面で新橋周辺の駐車場利用が想定される時は、事前に駐車場予約をしておくのもおすすめです。

新橋駅東側のビジネス環境

新橋駅の東側は、一般的に「東新橋」もしくは「汐留」と呼ばれるエリアとなっています。汐留エリアは、元々は貨物ターミナルの跡地だった場所でしたが、1990年代後半から2000年代前半にかけて大規模な再開発が進められ、超高層オフィスビルなどが集結するようになりました。
新橋東側の汐留エリアには、電通、パナソニック、日本テレビ、日本通運といった大企業の本社ビルが数多く集まっています。多くの企業が入居している「汐留シティセンター」「汐留タワー」「東京汐留ビルディング」「汐留住友ビル」など高層オフィスビルが建ち並び、新橋周辺に通勤する人や新橋エリアを訪れる人は増加傾向にあります。

・汐留シティセンター
新橋駅から徒歩2、3分ほどの場所にある超高層オフィスビルです。地下4階、地上43階建ての汐留シティセンターは、4階から40階までがオフィスフロアとなっており、数多くの企業が入居しています。富士通やANAホールディングス、森永製菓といった大企業もテナントとして入っており、入居企業に通勤する人や、打ち合わせなどのために訪れるビジネスマンも数多くいます。

・日本テレビタワー
日本テレビタワーは、日本テレビ本社やスタジオ、関連企業などが入居している地下4階地上32階建ての高層ビルで、「日テレタワー」と呼ばれています。地下2階から地上2階までは「日テレプラザ」として一般に開放されており、観光スポットとしても人気を集めています。
新橋東側の汐留エリアには、日本テレビタワーのほかにもイルミネーションや四季劇場で有名な「カレッタ汐留」などの観光スポットもあり、これらの施設や入居している店舗、飲食店などに勤務している人も多く見られます。

このように、新橋駅東側にも、西側同様多くのオフィスビルやオフィスタワー、企業などが集まっているため、平日は多くのビジネスマンが駐車場を利用しています。
また、新橋の東側エリアは、西側よりも観光スポットが多いため、平日は通勤やビジネス利用、休日は観光や食事・ショッピングなどで長時間利用する人が多いという特徴があります。

新橋にビジネス・出張で訪れる

多くのビジネスマンや観光客が国内外から訪れる新橋周辺には、出張者向けのリーズナブルなビジネスホテルから、観光客向けの高級ホテル、外資系のラグジュアリーなホテルなど、様々な種類の宿泊施設が揃っています。
新橋駅西側エリアはリーズナブルなビジネスホテルが多い一方、汐留方面には「ハイアット セントリック 銀座 東京」「コンラッド東京」「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留」「パークホテル東京」など、国内外の観光客に向けた高級ホテルも数多く集まっています。

新橋周辺の、特に西側に多いビジネスホテルには専用の駐車場がない場合もあります。出張のために車で新橋エリアを訪れる際は、宿泊施設に専用駐車場があるかどうか、連泊ができるかどうか等を確認しておくようにしましょう。専用駐車場がないホテルを利用する場合は、提携駐車場でホテル宿泊による駐車料金割引サービスの有無や最大料金などを事前にチェックしておくのがおすすめです。

また、新橋周辺の駐車場は、平日・休日や昼間と夜間で駐車料金が変わることもあります。駐車する時間帯によって料金が異なることも想定されるので、最大料金や割引サービスと合わせて、訪れる時間帯の駐車料金もチェックしておくと良いでしょう。