東池袋近くの駐車場

1
NTTル・パルク 池袋

NTTル・パルク 池袋

最大料金

ヘルプページ

なし

利用料金

0:00〜8:00 400円/30分

8:00〜0:00 400円/30分

利用可能な車種

軽自動車/普通車/SUV・ワンボックス

東池袋近くの駐車場から◯◯m

東池袋の特徴とお役立ち情報

東池袋の特徴

東池袋は東京都豊島区に位置し、池袋駅東口を中心に広がる東池袋一丁目から東池袋五丁目までを指すのが一般的です。東池袋四丁目には東京メトロ有楽町線東池袋駅もあるため、東池袋駅周辺を「東池袋」と呼称する場合もあります。

東池袋は、日本でも有数の繁華街である池袋エリアの中でも特に多くの商業施設や観光スポット、超高層ビルで有名な池袋サンシャインシティ等がある場所ということもあり、毎日多くの人で賑わっています。そのため、東池袋周辺の駐車場は休日はもちろんのこと、平日でも混み合っています。

東池袋周辺には、大規模な商業施設にある比較的収容台数の多い駐車場から収容台数が10台以下の小さなコインパーキングまで、様々な駐車場がありますが、特に連休やイベントがある時などはどの駐車場も満車ということもあります。

また、東池袋周辺は、1時間あたりの料金が高額になる傾向があります。そのため、東池袋周辺で駐車場を利用する場合は、最大料金があらかじめ設定されているところや、買い物や飲食利用で割引サービスを受けられる駐車場などを利用するのも良いでしょう。

東池袋で遊ぶ・観光スポットを訪れる

東池袋には、水族館・展望台・テーマパーク・プラネタリウムなどのレジャー施設が揃った複合施設「池袋サンシャインシティ」を始め、様々な魅力的なスポットがあります。
また、池袋はアニメや漫画、ゲームなどのサブカルチャーが盛んで、アニメやゲームの専門店やコラボカフェが多く存在しています。
特に、池袋東口から徒歩圏内の「乙女ロード」は、女性向けのアニメや漫画のグッズが集まる場所としても有名で、国内からはもちろん海外からの観光客も数多く訪れています。

・サンシャイン水族館
サンシャイン水族館は、池袋駅から徒歩8分、東池袋駅からは徒歩5分ほどの場所にある水族館です。大型複合商業施設「池袋サンシャインシティ」のワールドインポートマートビル内にあるサンシャイン水族館は、「天空のオアシス」をコンセプトにした都市型水族館で、「癒し」「安らぎ」「くつろぎ」を提供する都会のオアシスとして、子供から大人まで楽しめる場所となっています。

サンシャイン水族館の一番の見どころは、ビルの屋上にある屋外エリア「マリンガーデン」です。中でも、頭上に広がる巨大な水槽を泳ぐケープペンギンの姿を見ることができる「天空ペンギン」は、頭上の水槽の中を泳ぐペンギンたちを観察できるダイナミックな展示で、マリンガーデンの中でも特に多くの人から人気を集めています。
また、サンシャイン水族館は夜間も営業しています。ライトアップされた水槽や夜のイベントなど、他の水族館とは違った楽しみかたができるので、夜のデートにもおすすめのスポットです。

・サンシャイン60展望台「てんぼうパーク」
池袋サンシャインシティの60階には、「サンシャイン60展望台 てんぼうパーク」があります。もともと地上221メートルの高さからの景色を一望できる場所として人気だったサンシャインシティの展望台が、2023年に大人も子供も楽しめるてんぼうパークとしてリニューアルされました。てんぼうパークは、「空の公園」をテーマに、人工芝が敷かれたスペースやハイハイスペース、ブランコなどが設置されています。サンシャイン水族館とセットのお得なチケットも販売されているため、水族館と合わせて訪れるのもおすすめのスポットです。

・コニカミノルタプラネタリウム 満天
同じくサンシャインシティのワールドインポートマートビルの屋上には、「コニカミノルタプラネタリウム 満天」があります。コニカミノルタプラネタリウム 満天は、通常のプラネタリウムと異なり、大人が楽しめるような作品をメインに上映されているのが特徴です。フルフラットの人工芝の上でゆったりと星空を楽しめる「芝シート」や、真っ白でふわふわの雲の形を模した5組限定の「雲シート」などもあり、デートにもピッタリなスポットです。時節によっては子供でも楽しめる作品も上映されているため、水族館や展望台と合わせて家族みんなで訪れるのにもおすすめです。

・乙女ロード
近年、池袋にはアニメショップやアニメ・漫画のコラボカフェ、アニメコンテンツ関連の専門店などが集まっていることもあり、秋葉原と並んでアニメの聖地、サブカルの聖地としての知名度も高まっています。
池袋駅東口から徒歩8分ほどの場所にあるサンシャインシティの西側にある通りには、女性向けアニメグッズの専門店などが集結しているため、「乙女ロード」という通称が浸透しています。もともとはアニメ・コミック・ゲーム関連グッズの販売チェーン店である「アニメイト」の本店がこの辺りにあったことから、池袋周辺はアニメファンが集まりやすい環境であったことに加え、このアニメイト本店が女性向けにリニューアルしたことにより、女性のアニメ・漫画ファンが好む店舗やコラボカフェなどが誕生するようになりました。国内からはもちろん、海外のアニメファンも乙女ロードを多く訪れており、人気のカフェやショップはいつも多くの女性客で賑わっています。

・鬼子母神堂
池袋駅東口から徒歩15分ほどの場所には、「鬼子母神堂」があります。鬼子母神堂は、安産・子育てのご利益があるとされる鬼子母神像を祀る寺です。室町時代に掘り出されたご尊像が江戸時代の姿に復元され、現在では国指定重要文化財に指定されています。もともとインドで訶梨帝母(カリテイモ)と呼ばれていた鬼子母神は、子供を食べる悪行を悔い、お釈迦様に帰依し、安産・子育ての神となりました。そのため、現在も安産祈願などを中心に多くの人が祈祷に訪れているほか、夏市や盆踊り、秋の御会式大祭といった年中行事の際には、地元の人はもちろん遠方から行事に参加する人で賑わいます。

東池袋周辺の観光スポットを車で訪れる際は、目的地の近くに駐車場があるかどうか事前に確認するのがおすすめです。特に東池袋の観光スポットは、国内外から多くの人が訪れるため、平日・休日問わず混み合っていることが多く、予定よりも駐車時間がオーバーしてしまう可能性もあります
駐車時間を気にせず楽しむためにも、最大料金が安い駐車場があるかどうかあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

東池袋のカフェ

大規模な複合商業施設や人気の観光スポットが集まっている東池袋には、様々なジャンルの飲食店も数多く集まっています。特に、アニメの聖地として多くのファンが集まる東池袋には、アニメのコラボカフェなどが多いのも特徴です。

アニメの聖地としての中核を担う「アニメイト」が運営する「アニメイトカフェ」は、東池袋を中心に4店舗展開されています。人気アニメ・ゲーム作品とのコラボレーション・コンセプトカフェであるアニメイトカフェでは、アニメのキャラクターをイメージしたフードやスイーツ、ドリンクを注文できるほか、メニュー注文特典のグッズやオリジナルグッズを購入することもできます。

それ以外にも、東池袋周辺には、様々なジャンルのコラボカフェが多く集まっています。自分の好きなキャラクターやアニメ作品とコラボしている時は、ぜひ予約をして訪れてみてはいかがでしょうか。

東池袋のカフェに行く時や、飲食店へランチやディナーをしに車で訪れる場合は、カフェや飲食店を利用した際に近隣駐車場の割引サービスを受けられるかどうかチェックしておくと良いでしょう。また、駐車場の利用時間が長くなりそうな場合には、最大料金が設定されているかを確認しておくのが大切です。